AGA

AGAとは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopecia の略で「男性型脱 毛症」という意味です。男性型脱毛症は思春期以降に始まり、徐々に進行する脱毛のことです。

AGA は生理現象として見過ごされがちです が、外見上の印象を大きく変えるため、生活に著しい支障をきたしている場合も多くあります。

また AGA については以前より科学的根拠に乏しい民間療法が出回って いますが、近年では有効な治療薬が開発されています。

ぜひ信頼できる 医療機関で、科学的根拠のある抜け毛・薄毛対策をしていただきたいと 思います。

AGA(男性型脱毛)を発症する原因は?

AGA の原因は、男性ホルモンと遺伝子の 2 つだといわれています。男 性ホルモンのひとつであるテストステロンの一部が毛乳頭細胞に取り込 まれると、変換酵素の作用でより活性の強い DHT(ジヒドロテストス テロン)に変換されます。

DHT が毛乳頭細胞内の受容体に結びつくと脱毛を促すシグナルを出し、髪の毛の成長期が短くなって脱毛を繰り返すことになるのです。

成長期が短くなると、毛が硬く成長する前に抜けてしまうので、産毛のような軟毛が増加します。

AGA を発症すると、 このように抜け毛が増えて薄毛になります。

AGA の治療

男性型脱毛に関しては、研究が進んでいます。有効性の高いフィナステ リドやデュタステリドといった内服薬や、ミノキシジル外用薬が第一選択となります。

さらにミノキシジル内服やサプリメント、毛髪再生医療、LED 照射治療 などを個々の状態に合わせて組み合わせ治療も福岡市内の香椎に位置する当クリニックは提案いたします。

AGAは進行します

AGA(エージーエー)の人は全国で 1,260 万人*、そのうち気にかけている人は 800 万人、何らかのケアを行ったこ とのある人は 650 万人といわれています。

AGA(エージーエー)は進行性です。何もせずにほうっておくと下記のグ ラフのように髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。そのため AGA(エージーエー)は早めのケアが大切です。

AGAの進行パターン

AGAの特徴は、その脱毛の進行パターンにあります。額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部 から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛の進行パターンがあります。

AGAの原因の発見

AGA(エージーエー)の脱毛部には DHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くする原因物質と考えられています。

成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体としてうす毛が目立つようになります。

AGAの特徴

AGA(エージーエー)は抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していきます。 また、額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなります。毛包が十分に成長しないため、 髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。

ただし、AGA(エージーエー)では普通、うす毛になっていても、うぶ毛は残っています。毛包が存在している限り、 髪の毛は太く長く育つ可能性があります。決してあきらめる必要はありません。

AGAの治療薬

フィナステリド

日本人の研究において AGA に有効性が高い薬です。男性ホルモンがジヒドロテストステロン(強力)に変換するのを抑える薬です。女性型脱 毛には無効です。

ザガーロと比較すると効果発現は遅くなりますが、最終的な効果は同等 といわれておりますので、予防などに用いるにはまずこちらをおすすめしております。

副作用とリスク

  1. 性欲減退 など

ザガーロ(デュタステリド)

日本を含めた国際的な研究において、その有効性が高いことが証明されています。男性ホルモンがジヒドロテストステロン(強力)に変換するのを抑える薬です。

ザガーロカプセル 0.1 mgと 0.5 mgがあり、0.5 mgの有効性は特に高いと考えられています。40 歳以上で脱毛が進行している方はザガーロの方が有効です。フェナステリドと比較して、効果発現が早いというメリッ トがあります。

副作用とリスク

  1. 性欲減退 など
PAGE TOP