緊急避妊薬投与

緊急避妊(モーニング・ピル)

避妊をしなかった、コンドームが破れた、

レイプをうけたなどの性行為後に緊急措置として行う避妊方法です

  1. 性行為後 72 時間以内の服用が有効です。(72 時間後以降は効果が低下します)
  2. 緊急避妊薬は胎児奇形や将来の不妊の原因にはなりません。

ノレルボとは

レノルボは、あすか製薬から発売されている緊急避妊薬で飲むタイプの避妊薬です。

レノルボは、2011 年に日本で初めて承認されたアフターピルで、WHO(世界保健機関)の緊急避妊の必須薬の指定を受けているピルです。

避妊をせず性行為を行った 3 日以内(72 時間以内)に服用すれば高確率で妊娠を阻 止することが出来きます。

通常のピルと違ってコンドームが破れてしまった場合やコンドームを使用せずに性交 渉をしてしまった場合、ピルを飲み忘れていた場合、予期せぬ膣内射精があった場合 に使用するもので、ピルのように毎日服用する薬ではありません。

ノルレボの有効成分は黄体ホルモンである「レボノルゲストレル(LNG)」です。現 在販売されているのは「ノルレボ錠 1.5mg 錠」で 1 回 1 錠の服用で避妊効果を得られるようになっています。

ノレルボの効果

ノルレボはピルの中でも第 2 世代の避妊薬で有効成分が「レボノルゲストレル」です。

ノルレボの効果は、「受精卵を作らせないこと」と「受精卵を子宮内膜で着床させないこと」の主にこの二つの働きによって避妊を行います。

排卵を抑制する

ノルレボは有効成分である黄体ホルモンの作用によって排卵を抑制することで、排卵日付近の性行為で避妊をしていなかった場合でも受精卵を作らせないように作用します。

ノルレボを服用することで排卵日・排卵日後であっても避妊の成功率は変わることはありません。販売先であるあすか製薬が臨床試験を行った結果では、72 時間以内に レボノルゲストレル 1.5mgを服用した結果の妊娠阻止率は高くなっております。

子宮内膜の増殖を防ぐ

ノルレボのもう一つの効果として「受精卵を子宮内膜で着床させないこと」が挙げられます。

性行為後に受精卵となってしまった場合でも有効成分の黄体ホルモンの作用によって子宮内膜を増殖するのを防ぐ働きと体温の上昇を防ぐ働きによって、子宮内 膜での着床を防ぎ避妊することができます。

しかし、性行為の度に使うものではなくあくまでも性行為時のトラブルが起こった時に服用するお薬であることを留意しておきましょう。

避妊が失敗する原因

ノルレボの避妊阻止率は日本のあすか製薬が行った臨床試験では高い確率でしたが、 100%ではありません。

その原因として、ノルレボが体内で十分に吸収されなかったことやアフターピルを使用した後に避妊をしない性行為を行ったことなどが考えられます。

ノルレボは服用して 2~3 時間後に血中濃度が高まり薬の効果が現れ始めます。

アフ ターピルを服用した 2 時間以内に吐き気をもよおし嘔吐してしまった場合には、成分を十分に吸収できておらず失敗してしまう場合があります。

また、服用直後に性行為をした場合にも薬の効果画で始めるまでに時間がかかってしまいますので避妊が失敗してしまう場合があります。

副作用

ノルレボの副作用は不正出血や頭痛、吐き気、体のだるさ、傾眠、胸の張りなどの副作用があることが報告されています。

黄体ホルモンの量が 1.5mg と通常のピルに比べると量が多いため、基礎体温の上昇がみられる場合があります。副作用は 24 時間~最大 3 日まで続くとされますが一過 性のもですので時間の経過とともに快方に向かっていきます。

また、低用量ピルで起こるとされる血栓症ですが、ノルレボの場合はエストロゲンの成分は入っていませんので血栓症の心配はありません。

性暴力被害、レイプについて

緊急避妊薬の公費援助が得られます。 援助金に関しては警察の介入のもと申請が必要になります。

性暴力被害者支援センター・ふくおか」にご相談ください

  1. 性暴力の被害に遭われた方へ
  2. 誰にも相談できずに、ひとりで悩んでいませんか?
  3. どうしたらいいのか、うまく考えられない・・・それは自然なことです。
  4. あなたは、なにも悪くありません。
  5. ひとりで抱え込まず、お話しできることから、
  6. 「性暴力被害者支援センター・ふくおか」 にご相談ください。

性暴力被害、レイプについて

性暴力の被害に遭われた方(性別は問いません。)が安心して相談でき、医療面のケアを含め 必要な支援を迅速に受けることができるよう、福岡県・福岡市・北九州市が共同で設置した相談 窓口です。

24時間・365日(年中無休)、いつでも相談をお受けします。

まずはお電話にてご相談ください。

TEL:092-409-8100

センターでは、性暴力の被害に遭われた方からの相談をまずはお電話にてお受けします。

専門の研修を受けた相談員が、相談者に寄り添いながら、きめ細かく丁寧に対応します。

相談時間 24時間・365日(年中無休)
※ 相談は無料です。秘密は厳守します。匿名でも構いません。

被害に遭われた方の意思を尊重しながら、専門の相談員が早期回復に必要な支援を行います。

PAGE TOP