院長あいさつ

この度、JR香椎駅前に、ふるがきCLINICを開業させて頂きます、古垣浩一です。

私は、平成6年3月に九州大学医学部を卒業後、九州大学第一外科(田中雅夫教授)に入局、大学病院及び関連病院にて、外科医(呼吸器外科、消化器外科、乳腺外科、血管外科)として勤務、診療、研究に従事して参りました。

また、大学院時代には笹月健彦教授の下、遺伝子の研究に従事、博士号学位を取得後、フランスに留学させていただきました。

留学先では400年の歴史を持つ、パリ市のサン・ルイ病院にてDNAワクチンの研究を行いました。

さて、ふるがきCLINICは、街のかかりつけ医、何か症状や不安がある際に、お気軽に相談していただける街の“お医者さん”を目指しています。

当クリニックには、最新の画像検査をすぐにご提供出来る体制を作りました。

最新CTを設置、放射線科専門医(納彰伸先生)に診断をして頂きます。

正確な画像所見に基づいた、正確な診断を行い、的確かつ迅速な治療を行って参ります。

また、専門医までの距離をぐっと近いものにして参ります。

足の病気でお悩みの方は、血管外科専門医(石原健次先生)の診察を受けていただきます。

石原先生のご専門の動脈や静脈の病気の診断や治療、また、最新の下肢静脈瘤のレーザー治療も実施します。

皮膚のトラブルでお悩みの方には、皮膚科専門医の診察・診断・治療を行って参ります。

当クリニックを受診され、より専門的な治療や入院が必要と判断された場合は、直ちに、九州大学病院、和白病院、千早病院、輝栄会病院、貝塚病院、原土井病院など、地域の基幹病院にご紹介させて頂きます。

また、この、ふるがきCLINICの医療サービスを、地域の皆様に広く提供できるように、24時間365日対応型の訪問診療を展開して参ります。

私達、ふるがきCLINICは、JR香椎駅の目の前と言う好立地を生かし、地域の皆様に、病気の時も健康な時でも、いつも、頼れる存在になりたいと願っています。

これから、どうぞ宜しくお願い致します。

令和2年6月1日
院長 古垣 浩一

PAGE TOP