ホルター心電図検査

ホルター心電図とは

24 時間かけて患者さんの心臓の状態を記録し、解析します。ホルター心電図検査では携帯用の小型心電計を用いて、長時間(24 時間)にわたり心電図を記録します。

この心電図の解析を通して日常生活における心臓の動き(拍動)を調べ、異常がないかを検査しま す。動悸やめまいなどの自覚症状があっても、ベッドで横たわって行う短時間 の心電図検査では異常が発見されない場合も多いのです。

そこで、福岡市の香椎に位置する当院では小さい検査装置を体に貼り付けるように装着し、24時間心電図を記録し、解析する検 査がホルター心電図検査です。

ホルター心電図検査では、日常生活中の心臓の状態や、一日のうちの変化を確認することができ、動悸などの症状を確認できる確率も高まりますので、不整脈や虚血性心疾患などの異常をより確実 に診断することができると言われています。

検査について

  • めまいや動悸、胸痛など気になる症状(主訴)、生活環境、既往症、今までの変化などについて、ドクターによる問診を受けていただきます。
  • 症状が出るのは食前なのか、食後なのか、安静にしている時なのかといった特徴の有無や、動悸のリズムがどうなのかを具体的に伝えると診断の確定につながりやすいです。
  • 次に心音や、全身のチェック、 一般的な心電図検査を受けていただきます。 その後、検査室にうつり、胸部に数ヶ所シール状の電極を貼り、心臓の動きを心電計に記録します。10分ほどで検査機器の装着は完了します。検査開始から 24 時間、眠るときも含めて装置をつけ続けていただきます。
  • 検査後の解析には、通常は 1 週間かかります。

ご注意いただきたいこと

  1. 検査開始後は、入浴やシャワーはできません。検査の前に済ませておいてください。
  2. 衣服はトレーナーなどのウエスト部分がゆったりとしたものにしてください。首の付け根周辺に電極を つけることから、襟があまり開いていないものが適しています。
  3. 電気や電磁の強い場所への出入り、電気毛布・ホットカーペットなどの使用は、検査に影響しますので お控えください。
  4. テキストテキストテキスト
  5. 検査中は、シール状の電極をはがさないでください。
  6. 心電図を記録する携帯用の小型心電計を携帯ケースから取り出したり、ふたを開けたりしないでください。
  7. 電極や小型心電計は精密機器です。落としたり、強くぶつけたりしないでください。また水に非常に弱いので、濡らさないよう十分に注意してください。
  8. 診断の参考とするために、検査中の日常行動の記録ノートをつけていただきます。行動・症状の内容を正確に記入するようにしてください。
  9. 検査中に何らかの自覚症状があったときは、心電図についている記録用のスイッチを押してください。時刻が記憶され、解析・診断に反映されます。
  10. 睡眠中に寝返りをうったり、うつぶせになったりしても検査に影響はありません。いつもと同じようにゆっくりお休みください
  11. 検査中に心電計から異常な音が出たり、胸の電極が外れてしまったりなど、何か困ったことや分からないことがありましたら遠慮なくご連絡ください。

検査でわかること

検査技師が解析を行った後に、解析結果をアブレーションなども手がけられる循環器内科医が診断 しています。

すぐに治療が必要な不整脈や狭心症があっても全くの無症状であったり、一日に数回の機外収縮(通常のリズム意外でのリズムでの脈拍)を重く感じられる場合など、症状は人それぞれなので、何かしら症状や異常の指摘を受けられた方はホルター心電図検査をしてみられると原因が判明するかもしれません。

PAGE TOP