呼吸器系

診療内容

  • 咳、痰、息切れ、喘鳴などの呼吸器症状・アレルギー症状のある方の診療を行います。
    また、風邪や高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病、食道、胃、十二指腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、などの消化器疾患、甲状腺疾患、乳腺疾患にも対応しています。
  • 呼吸器疾患としては、急性気管支炎、気管支喘息、肺炎などの急性期疾患から、肺気腫(COPD)、結核後後遺症、 気管支拡張症、間質性肺炎(肺繊維症)など慢性期疾患。アレルギー疾患としては、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、花粉症などの診療を行います。さらに、悪性腫瘍である、肺がん、悪性胸膜中皮腫の診断、治療(抗癌剤)、術後フォローもおこなっています。
    禁煙治療や睡眠時無呼吸症候群の診療も行います。
  • 在宅酸素療法(HOT)や非侵襲的陽圧人工換気療法(NPPV)など慢性呼吸不全の診療を行います。

せきについて

せきは患者様が医療機関を受診する動機として最も頻度が高い症状であり、特に近年は⻑引く咳を訴えて受診する患者さんの増加が指摘されています。

慢性咳嗽は、8 週間以上持続し胸部 X 線の異常を伴わない咳を意味する各国共通の用語であり、本邦では咳喘息(咳だけ

を症状とする喘息)が最も多く、副鼻腔気管支症候群、胃食道逆流症なども主要な原因疾患です。

上気道炎や百日咳などの感染症のあと咳が⻑引くことも少なくありません。⻑期にわたる咳は患者さんを消耗

させ、QoL(生活の質)を低下させるため治療を要しますが、中枢性鎮咳薬(いわゆる咳止め)はしばし

ば無効で、また痰や異物を体外に排除するための生体にとって必要な咳も押さえ込んでしまうという問題があります。

従って、咳の原因をできるだけ見極めて原因に応じた治療を行うことが大切です。

ぜんそくについて

ぜんそくはは患者数が最も多い呼吸器疾患の1つです。喘息は、色々な刺激に対する気道(気管・

気管支)の過敏性亢進を特徴とする慢性炎症性疾患で、気流閉塞(気道が狭くなること)によって喘鳴、呼吸困難、咳といった自覚症状が現れます。

喘息の治療において自覚症状のコントロールは大切ですが、

症状だけを目安に治療を行っていると気流閉塞や気道炎症が残ってしまい、発作を起こしたり、気道リモ

デリングといって気管支の壁が厚くなったり硬くなってしまったりすることもあります。

当クリニックでは呼吸機能(スパイロメトリー)、胸部レントゲン検査、CT検査などの最新の検査方法も用いて患者

さんの病状を詳細に把握し、喘息以外の種々の合併症の評価も十分に行って、最善の治療を目指していま す。

患者さんの状態を客観的に評価し、吸入ステロイド薬を中心とする治療を行っています。

看護師さんや薬剤師さんの協力も得て十分な吸入指導を行い、また気道炎症や気道過敏性を引き

起こす抗原(アレルゲン)、喫煙などの悪化要因を避ける指導にも力を入れています。

(肺気腫)COPDについて

COPDの治療にはなんといっても禁煙が必須ですが、禁煙後も障害された肺は正常には戻らないとされております。

そこで、呼吸機能を正常に近づけるために・あるいは悪化を防ぐために、

様々な薬剤治療(吸入治療、ICS/LAMA/LABA)(内服治療)(漢方薬)・リハビリ・栄養療法などを組み合わせて治療を組みたてていきます。また、病状が進行

して、低酸素血症を来たした患者さんには在宅酸素療法(HOT)、重症の方には在宅人工呼吸療法(CPAP)なども行っています。

まず自覚症状の正確な把握のために COPD、喘息の患者様に 症状日誌をお渡しして、御自身に自覚症状の変化をチェックしていただいております。

これにより、「風邪」などにより急激に呼吸状態と全身状態が悪くなること(急

性増悪や、増悪といいます)を早期に発見し、早期治療を行うことによって、病気の悪化を予防し、健康状態を保っていただくことを目標にしております。

がんについて

がんは1981年以降、日本人の死因の第1位であり、3人に1人はがんで死亡するとも言われ

ています。なかでも近年肺がん患者数の増加は著しく、2019 年度には 76000 名あまりの患者さんが肺がんのために亡くなられています。

肺がんは罹患者数・死亡者数とも今後さらに増加していくと考えられており、
有効な治療法の開発が喫緊の課題となっています。

肺がんについて

肺がんは組織学的に大きく小細胞肺がんと非小細胞肺がんの2種類に分類されます。

また肺がんの進行度の目安として TNM 分類という基準が用いられています。治療の 3 本柱は手術、放射

線、化学療法(抗がん剤)であり、がんの種類と進行度に基づいて適切な治療法が決定されます。当クリニ

ックでは、CTにて肺癌が疑われる病変を認めた場合は、九州大学病院、和白病院などの専門医療機関に

ご紹介、更に詳しい検査(気管支鏡検査、PET/CTなど)、治療(手術、抗癌剤、放射線治療、免疫治療)をお願いしています。

また、これらの専門医療機関からのご紹介を受け、抗がん剤治療や腫瘍マーカー検査、CT検査などを用いた定期フォローも行っております。

PAGE TOP