日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会 認定施設

  • フォントサイズを小さくする
  • フォントサイズを大きくする

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキスト

診療内容

せきについて

せきは患者様が医療機関を受診する動機として最も頻度が高い症状であり、特に近年は⻑引く咳を訴えて受診する患者さんの増加が指摘されています。
慢性咳嗽は、8 週間以上持続し胸部 X 線の異常を伴わない咳を意味する各国共通の用語であり、本邦では咳喘息(咳だけ
を症状とする喘息)が最も多く、副鼻腔気管支症候群、胃食道逆流症なども主要な原因疾患です。
上気道炎や百日咳などの感染症のあと咳が⻑引くことも少なくありません。⻑期にわたる咳は患者さんを消耗
させ、QoL(生活の質)を低下させるため治療を要しますが、中枢性鎮咳薬(いわゆる咳止め)はしばしば
無効で、また痰や異物を体外に排除するための生体にとって必要な咳も押さえ込んでしまうという問題があります。
従って、咳の原因をできるだけ見極めて原因に応じた治療を行うことが大切です。

ぜんそくについて

ぜんそくはは患者数が最も多い呼吸器疾患の1つです。喘息は、色々な刺激に対する気道(気管・気管支)の過敏性亢進を特徴とする慢性炎症性疾患で、気流閉塞(気道が狭くなること)によって喘鳴、呼吸困難、咳といった自覚症状が現れます。
喘息の治療において自覚症状のコントロールは大切ですが、症状だけを目安に治療を行っていると気流閉塞や気道炎症が残ってしまい、発作を起こしたり、気道リモデリングといって気管支の壁が厚くなったり硬くなってしまったりすることもあります。
福岡市東区に位置する当クリニックでは呼吸機能(スパイロメトリー、胸部レントゲン検査、CT検査などの最新の検査方法も用いて患者さんの病状を詳細に把握し、喘息以外の種々の合併症の評価も十分に行って、最善の治療を目指しています。
患者さんの状態を客観的に評価し、吸入ステロイド薬を中心とする治療を行っています。
看護師さんや薬剤師さんの協力も得て十分な吸入指導を行い、また気道炎症や気道過敏性を引き起こす抗原(アレルゲン)、喫煙などの悪化要因を避ける指導にも力を入れています。

テキスト

テキスト

テキスト

テキスト

(肺気腫)COPDについて

COPDの治療にはなんといっても禁煙が必須ですが、禁煙後も障害された肺は正常には戻らないとされております。
そこで、呼吸機能を正常に近づけるために・あるいは悪化を防ぐために、福岡市東区に位置する当クリニックでは 様々な薬剤治療(吸入治療、ICS/LAMA/LABA)(内服治療)(漢方薬)・リハビリ・栄養療法などを組み合わせて治療を組みたてていきます。また、病状が進行して、低酸素血症を来たした患者さんには在宅酸素療法(HOT)、重症の方には在宅人工呼吸療法(CPAP)なども行っています。
まず自覚症状の正確な把握のために COPD、喘息の患者様に 症状日誌をお渡しして、御自身に自覚症状の変化をチェックしていただいております。
これにより、「風邪」などにより急激に呼吸状態と全身状態が悪くなること(急性増悪や、増悪といいます)を早期に発見し、早期治療を行うことによって、病気の悪化を予防し、健康状態を保っていただくことを目標にしております。

テキスト

平日土曜
午前/9:00~12:30
午後/15:30~19:00
午前診療
水曜は12:30までの診療です
休診
日曜、月曜、祝日

テキスト

テキスト

東区香椎駅前1-12-2

テキスト