日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施・管理委員会 認定施設

  • フォントサイズを小さくする
  • フォントサイズを大きくする

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト

テキスト

どうして咳はでるのですか?

咳嗽とは、気道内に貯留した分泌物や異物を気道外に排除するための生体防御反応です。

咳の原因としてどのような病気が考えられますか?

急性咳嗽の原因疾患は多岐のわたりますが、臨床的に遭遇する頻度がもっとも高いのはウイルス性の普通感冒です。
遷延性・慢性咳嗽の原因疾患としては、咳喘息、感染後咳嗽、アトピー咳嗽、COPD、胃食道逆流症などがあります。

心配な咳の原因としてどのような病気が考えられますか?

肺炎、肺癌、間質性肺炎/肺線維症、肺結核、肺塞栓症など、放置すると全身状態が重篤化する病気が潜んでいる事もあります。

上記のように咳の原因なりうる病気は多岐にわたりますが、どのように診断を進めて行きますか?

まずは、詳しい病歴を聴取します。持続期間、痰、発熱の有無に加えて、各疾患に特徴的な病歴があれば、診断にとても有用です。
また、職業・環境の要因の評価も重要です。

病歴だけである程度の診断がつきますか?

各疾患の初期症状は類似している事が多いので、
次に呼吸音・心臓音の聴診、胸部打診、全身状態のチェックなど診察所見を取らせて頂きます。

ふるがきCLINICではどのような検査が受けられますか?

a) 血液検査 (白血球数と分画、CRPは院内に検査機器を設置しているの数分で結果がでます)その他の詳しい検査も翌朝には、結果がオンラインで戻ってきます。

喀痰検査 一般細菌に加えて、抗酸菌塗抹・培養、細胞診、を行っており、疾患の原因に出来るだけ最短で到達できるよう心掛けています.
画像検査 胸部・副鼻腔X線写真およびCT。当院で撮影したCT画像は全てオンラインで放射線科専門医(納彰伸先生)に読影をしており、的確かつ迅速に正確な診断に基づいて治療が開始できます。
呼吸機能検査 スパイロメトリーでは咳喘息は軽度の閉塞性障害やβ刺激薬による可逆性を認める事があります。また、喫煙者の方で、咳や息切れなどの症状が続く場合はCOPDの可能性もありますので、この検査を受けて頂く事があります。
心電図検査、心臓超音波(エコー)検査  咳や胸痛が続く場合、肺だけでは、心臓に問題・原因が隠れている事も少なくありません。
当院では、専門の臨床検査技師、超音波診断士による心臓検査をうける事ができます。 

テキスト

平日土曜
午前/9:00~12:30
午後/15:30~19:00
午前診療
水曜は13:00までの診療です
休診
日曜、月曜、祝日

テキスト

テキスト

東区香椎駅前1-12-2

テキスト